地盤の固さを平板載荷試験で調査|短時間で地盤調査ができる

  1. ホーム
  2. 建築物を建てる前に

建築物を建てる前に

工事

なぜ実施が必要なのか

地盤調査は、建築工事以外に費用が発生しますし、なるべくコストを抑えて建築物を建てたい場合には負担に思うこともあります。特に戸建て住宅であれば、地盤調査や地盤改良工事が建築費全体に占める割合も高くなります。それでは、地盤調査を行わないとどうなるのでしょうか。建築予定地が、地盤の非常に硬い土地であれば問題ありませんが、柔らかい場合には、それを知らずに対策を講じないまま建築してしまうと、少しの地震で家が傾いてしまう可能性があります。また、液状化などの被害が想定される土地や、地盤が軟弱なために建築に適さない土地もあり、それらを見分けることは重要です。知らずに建築してしまうと、建築費用が全て無駄になってしまうためです。

地盤改良とは

地盤改良という言葉をよく聞きますが、これは地盤調査の結果を受けて、建築予定地の中でも必要とされる度合いに応じながら地盤を改良し、建築に耐えられるための地盤を使っていくのです。地盤調査は、この地盤改良を行うために必須の作業で、地盤改良は、安心して戸建てを建築するために必須の作業です。また、戸建てに限らず、アパートやマンション、大規模なビルなどの建造物では、より一層地盤改良の必要性が高くなります。このように、地盤調査は建物を安全に建てるために欠かすことのできない作業です。地盤調査には、戸建て住宅で用いられることの多いスウェーデン式から、本格的なボーリング調査まで幅広くありますので、建築物にあった方法を選択していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加