地盤の固さを平板載荷試験で調査|短時間で地盤調査ができる

  1. ホーム
  2. 安全に暮らすこと

安全に暮らすこと

地盤改良

建築物を作る前に

私たちの日々の暮らしの中で、たくさんの建物が必要不可欠なものとなっています。一軒家のような住居だけでなく、広い商業施設や高層ビルなど様々な建物を建てる際に欠かせないのが地質調査です。地質調査を行う大きな目的は、建築物の予定地がどのような地質になっているのかを知ることです。建物が出来上がってから土地や地盤の不具合が出てきた場合、取り返しのつかないことになってしまいます。ですから最初に土台となる地面の固さはどうか、地盤は脆くなっていないかをきちんと調査することで、安心して建物を作ることができます。生活して行く上で欠かすことのできない施設や建物は、この地質調査のおかげで安全が保たれていると言っても良いでしょう。

対策を考えることも大切

地質調査ではその土地や地盤の固さだけでなく、地下水脈の有無や危険な汚染物質がないかといった事項も調べます。もしも地下水脈があれば地震災害の際に地盤沈下が起こることも考えられますし、汚染物質がある場所に人が集まる建物を作るのは大変危険です。しかし様々な事情で建築予定地を変更できないこともあります。その場合には調査によって分かったことを元にして、埋め立てや除染などの対策工事をすることができます。これにより多くの建物が自然災害による被害や人体への影響を軽減できているのです。地質調査には時間もお金もかかりますし、大変だと感じる部分もあるでしょう。しかしそれらの全てが私たちの安心で快適な暮らしに繋がっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加