地盤の固さを平板載荷試験で調査|短時間で地盤調査ができる

工事

建築物を建てる前に

地盤調査は、建物を安心して建築するために欠かすことのできない作業です。地盤調査には、木造住宅に一般的に用いられるスウェーデン式を始め、本格的なボーリング調査まで幅広い方法があります。建築業者と相談し、最適な方法を選択することができます。

地盤改良

安全に暮らすこと

私たちが日々の暮らしの中で利用している様々な建物は、初めに地質調査を行なったことで安全を保てています。土地の地盤や水脈、汚染物質の有無を調べることで相応の対策をとることができるのが、地質調査を利用する最大のメリットです。

地盤固めが大切

作業者

近年、大規模災害が頻発している状況から、被害を最小限にするために災害対策・環境調査として、地盤の支持力を評価する平板載荷試験が多く実施されています。平板載荷試験では直径30cmの円盤に重機を載せ、荷重の大きさと沈下量を評価することで地盤の品質管理に役立てるもので、比較的新しい試験方法です。平板載荷試験の特徴は何と言っても地盤を直接的に調べる点にあります。地盤に重さをかけて調べますので、信頼度の高い結果を得ることが出来ます。また、短時間で試験が実施できる点も大きな特徴です。地盤調査と言えば従来はボーリング調査が主流でしたが、上述のような特徴を有していることから近年では平板載荷試験が新しい試験方法として注目を浴びています。

平板載荷試験は信頼度が高く、かつ短時間で試験の実施が可能と言うメリットから多くの局面で利用されていますが、平板載荷試験に人気があるのはこれだけの理由ではありません。専門業者に任せることで早急に対応してもらえるからです。まずは専門業者に問い合わせ、現状確認を行なってもらいます。そして見積もりをしてもらい、問題がなければ作業をしてもらうという流れになっています。業者ごとに実績も異なるため、見積もり依頼をする際に実績に関しても確認しておきましょう。また地盤に関するものなので、信頼の出来る業者への依頼が必要です。スタッフの対応力も見ながら業者探しを行なっていきましょう。電話での相談から可能な業者がほとんどなので、その際に見極めるようにすることが大事になります。

工事現場

要因を知れば対策もできる

大地震が起きた時に引き起こされることの多い地面の液状化ですが、それには三つの要因が関わっています。その要因を理解した上で、正しい液状化対策を施すことができれば、住む家を失うなどの最悪の事態を未然に防ぐことができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加